tepito-001 Virtual Resonance

tepito-001 Virtual Resonance-sound image for 4D2U (CD+DVD)

New!event info


東京都三鷹市にある国立天文台内、「4次元デジタル宇宙シアター(4D2U)」。ここではさまざまな観測プロジェクトによって得られた観測データや、スーパーコンピュータによるシミュレーションデータを可視化した映像プログラムにより宇宙の最新の姿を見ることが出来ます。このアルバムの原型はこの映像のサウンドトラックとして制作されたものです。現代音楽、映像音楽、サウンドアートの領域で活躍している宮木朝子が織りなす、雅楽と電子音響、鉱石、ガラスの現実音の電子変調による硬質で透明な音響世界。国立天文台4次元デジタル宇宙(4D2U)プロジェクトによる映像との相乗効果で遥か彼方の宇宙を体験できるアルバムです。
(Nature Bliss作品紹介より)

作曲・制作:宮木朝子 
アートディレクション:小阪淳 
映像:国立天文台4次元デジタル宇宙(4D2U )プロジェクト

composition : Asako Miyaki 笙:Satoko Takahara 篳篥:Isamu Kanai
voice : Reisiu Sakai  ,Tomoko Fukushima  
sax : Masanori Oishi  electric guitar: Junya Oikawa 
image :Takaaki Takeda,Tsunehiko Kato,Hitoshi Miura,Sorahiko Nukatani ,Mitsuru Hayashi
Art direction : Jun Kosaka Scientific supervision : Eiichiro Kokubo
Cooperation :Kimio Hamasaki , Four-Dimensional Digital Universe Project,NAOJ
マスタリング:kimken studio

Earthsample.jpg
design : Jun kosaka

Disk1(CD)

1. Deep Resonance(Soundtrack for 4D2U-1)


2. Resonant Light(Soundtrack for 4D2U-2)
3. Resonant Light(Soundtrack for 4D2U-2) II
4. Resonant Light(Soundtrack for 4D2U-2) III
5. Resonant Light(Soundtrack for 4D2U-2) IV
6. Resonant Light(Soundtrack for 4D2U-2) V

7. Granular Time(Soundtrack for 4D2U-3) I
8. Granular Time(Soundtrack for 4D2U-3) II
9. Granular Time(Soundtrack for 4D2U-3) III
10. Granular Time(Soundtrack for 4D2U-3) IV

11. Evangelium(福音)

12. Meteoron

13. Water-light-scape 水-光-景(ambient music in 4D2U DOME THEATER)

14. Waving light in summer 夏揺光(ambient music in 4D2U DOME THEATER)

15. Evangelium -resonance mix-

Disk2(DVD)

1. Virtuar Resonance(4D2U movie flashes)

2. Formation of a cD Galaxy

3. Exploring Mars

4. Formation of a Spiral Galaxy


5. Formation of Terrstrial Planets -sound version 1
6. Formation of Terrstrial Planets -sound version 2
7. Formation of Terrstrial Planets -sound version 3

8. Cosmic View

9. Trailer (Bonus track)

-Artist Profile-
■ 宮木 朝子 Asako Miyaki /音楽家。現代音楽の文脈からゆるやかに逸脱しつつ、デトロイト系電子音楽やエレクトロニカの影響の元に知覚横断的活動を行う。映像ー香りー身体ー特異な場などと関係を結ぶ音響の存在とその空間展開、奄美群島の聖地におけるフィールドワークやサウンドインスタレーションなど、「透明な身体」と「多重露光された世界の断片」をキーワードに音響制作、立体音響空間展開などを行う。器楽、声楽の電子変調、フィールドレコーディング素材、ノイズ、音響合成を融合させた作風は「 コンピューターを駆使して作られているにもかかわらず、機械的な匂いのしない音楽」「夢見る音響空間」「質感を感じさせる音響」「生と死の出会う場所のような神秘的な世界、宇宙と交信あるいは深海へと潜りこむような感覚」などと評される。桐朋学園大学音楽学部作曲科、INA-GRM(フランス国営放送局内音楽スタジオ)、IRCAM Academy d’eteなどにて作曲、電子音楽を学び国内外の音楽祭にて発表、国内外の賞に入選。ロンドン・ロイヤルフェスティヴァルホール、カイロ・オペラハウスなどにて委嘱作品が上演される。NHK放送技術研究所22.2ch立体音響とスーパーハイヴィジョンのための音楽制作、国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトの立体宇宙映像のための音楽音響を担当、現実音の電子加工や雅楽器を中心とした疾走感と浮遊感溢れる音が話題を呼ぶ。(ハワイ島イミロア天文センター、日本科学未来館常設公開。Siggraph2007エレクトリック・シアター入選上映。)

Art Union U-pop Recordsより ¥3000(tax in)

Amazon 他 販売中(在庫僅少)LinkIconmore info